思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仰る通り。

訪韓中のハーバード大教授、「親日派」問題に苦言

(朝鮮日報 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/07/20040907000046.html
『親日派』という基準自体が不明確で図式的

先祖の時代に行われた親日行為に対する責任を子孫に問うことは正しくない

全く仰る通りですな。

前に書いた事の繰り返しになるけど、この件に関する報道を見聞するたびにいつも思うのは

コイツら結局日本が憎いんだろ?

ということ。坊主憎けりゃ袈裟まで、というわけだ。

しかし、「親日派」(その定義があやふやなのは上記記事中でも指摘されているが)当人はともかく、その子孫に何の罪があるのだろう?

そして、結局いついつまでも日本が憎い、と。この国と真の友好関係を取り結べる日は、きっと来ないんだろうなぁ・・・・。
関連記事
  1. 2004/09/10(金) 10:10:46|
  2. ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。