思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結局買ってしまいました。

ヤア!ブロード・ストリートのDVD。近所(と言っても結構離れてるけど)の新星堂に行ったらあったので。

実は初めて見たのですが、いやぁーしょおもない!!(笑) 当時ヒットしなかった(映画が、ね)のも分かります。ファンの方以外にはおすすめ出来ません。ポール好きな方なら、そこそこ楽しめるでしょう。

意外かもしれませんが、「金管アンサンブル好き」にもこの映画は楽しめるかもしれません。御大フィリップ・ジョーンズ以下、フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの姿が拝めるのです。サントラにもクレジットされていますから、ビートルズやポールとブラスアンサンブルと、両方好きな人にとっては周知の事実でしょうが、果たしてそういう奇特な?人種がどれだけいるか。

映画のエンドロールにも、ばっちり「Brass THE PHILIP JONES BRASS ENSEMBLE」とクレジットされています。ちなみに、彼らが登場するのは、Yesterday、Here, there, and everywhere、Wanderlustの3曲。「Wanderlust」は、「Tug of war」の方でもPJBEが吹いていますよね。これらの曲では彼らのプレイも堪能出来ます。イギリスの金管楽器奏者って、何でこんなにうまいんだろうか。

演奏メンバーは、

Trumpet Philip Jones
Trumpet Paul Archibald
Horn Jeff Bryant
Horn John Pigeneguy
Bass Trombone Raymond Premu
Horn Michael Thompson
Trumpet James Watson

Philip JonesはYesterdayとHere, there, and everywhereではフリュ?ゲルホルン(もう一人フリューゲルを吹いてるが恥ずかしながら名前と顔が一致しない)を、HornのJeff Btyantは、For no oneでもホルンを吹いています。

ちなみに、サントラですが、儂ゃLPとCDの両方所有してます。レコガールも言う通り、収録内容が違うので(笑)。
関連記事
  1. 2004/10/17(日) 17:27:36|
  2. 音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。