思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

警察は必ずしも正義の味方ではない

前々からそう思ってはいたけれど。

白川勝彦元衆院議員については、別記事で批判したこともあるが、これは非常に興味深い文章なので、是非読んでもらいたい。

忍び寄る警察国家の影



「白昼堂々、4人組が!」などと大仰な見出しにもかかわらず、こんなことに過ぎないのか、大騒ぎする程のことじゃないではないか、という人もおられるかもしれません。


いや~、全然そんなことはない。十分重大な問題だと思う。白川氏も

私が経験したような状況の中で、私と同じ行動を取れる人が、果たしてそんなに多くいるでしょうか。


と書かれているが、きっと多くは―と言うかほとんど―いないと思うのだ。政府の方針に反するような内容のビラをまいただけで警察に逮捕されてしまうような昨今、白川氏のこの文章から我々が学ぶべきことは多い。

いつ何時、我々も白川氏のような仕打ちをされるか、分かったもんではないのだ。
関連記事
  1. 2004/12/11(土) 19:15:39|
  2. 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。