思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バカらしい!

CD買うより高いカネかけて音楽のデータをダウンロードするか?っちゅう話。

Yahoo!ミュージックの「ミュージックダウンロード」である。

とりあえず、Macintosh非対応、という時点で

「アホか!」

なのであるが(ちなみに儂ゃWindowsとMacとLinuxを使っている)、ブラウザはInternet Explorer必須とかよく分からんファイルフォーマットとかコピー制限とかを抜きにしても、儂ゃ絶対使いません。絶対に。

だって、高いんだもの。ざっと見てみたが1曲(と言うか「1購入単位」。めんどくさいので以下1曲)150?300円くらいするようだ。それもその「1曲」がさ・・・・。

儂ゃクラシックをよく聴くのだけれど、例えば交響曲だと、「楽章1つ」が「1曲」なのだ!だから4楽章の、至って普通の交響曲だと「1曲」200円だとしても800円になってしまうのだ!

バカじゃない?

実例を挙げよう。

カラヤン指揮ベルリンフィルのモーツァルトの交響曲第40番、第1楽章が240円。以降終楽章まで全て240円。つまり全曲?普通これで1曲なのだが?で960円なのだ!

バカじゃない?

CDだと交響曲第41番とカップリングなのだが、こちらも「1曲」240円。CD1枚分をダウンロードすると1,920円にもなってしまう。一方のCDは・・・・

Mozart: Symphony Nos.40 & 41



輸入盤でよければアマゾンで1,700円もしないで買えちゃいます(2005.5.11現在)。送料も無料(笑)。

儂だったらCD買ってMac上のiTunesでMP3化してiPodで聴くが?iPod持ってないけど(笑)。

これだったらさ?、「冬の旅」なんかどうなるの?24曲分かかるのか??と思ったら、どうやらそのようです(笑)。

5,760円・・・・.高い「冬の旅」だ(笑)。マタイ受難曲とか「指輪」とか、どうなっちゃうんだろう(笑)。

「1曲つまみ食いするようなユーザだけ対象で、クラシックを全曲聴くような人間はハナから眼中にない」って言われてしまったら、それまでなんだけどさぁ・・・・。

結局、

「クラシックは音楽配信に向かない」

ってことなのかな。そりゃそうだよなぁ。1曲数分の「軽音楽」と同じ基準で値付けは出来ないよなぁ。

この辺、Appleはどうやってんだろ?クラシック扱ってないのかな?iTunesからミュージックストアにアクセスしてみたけど・・・・

扱ってるね。同じ曲があればよかったんだけど見つからなかったので、同じくカラヤン/BPOのメンデルスゾーン交響曲第4番「イタリア」の場合。「曲」=「楽章」単位で購入出来る楽章もあるが、シンフォニー1曲丸々でも4ドル96セント、1ドル=105円として520円ちょいだ。アルバム丸ごとだと9ドル99セント=1,050円弱、NAXOSのCD並の値段だ。

Mendelssohn: Symphonies 3 & 4 / Karajan, Berlin Philharmonic Orchestra



当然の如く、普通にCDを買うより安い。

フィッシャー・ディースカウの「冬の旅」だって、「1曲」は99セントだが、まとめ買いすれば11ドル99セント=1,260円弱で済む。どっちがユーザーフレンドリーか、言うまでもあるまい。

と言うか、こんな優れた先達がいるのに、日本の音楽配信は何でこのザマなのか??Appleには日本でもとっととミュージックストアを始めて欲しい。そして、既得権益にしがみつくしか能がない日本のレコード会社に鉄槌を(笑)。
関連記事
  1. 2005/05/11(水) 01:13:50|
  2. 音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。