思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キヤノン オートボーイ(AF35M)

先日のキヤノンT50の「初バラシ」*で調子に乗ったわけじゃないが、「人生2回目のバラシ」である。そういえば、T50の愛称は「オートマン」であった。先日、上野のアメ横カメラでゲット。値段は・・・・忘れた(笑)。200円か、300円かだったと思う。

アメ横カメラには、本当はミノルタSR-1s用のレンズを見に行ったのだが、これは!と思うのがあったにも関わらず、今後の物入りが頭に浮かび後一歩思い切れなかった。でも、いつまでもレンズなしじゃつまんないしなぁ・・・・。まぁ、そのうち買うでしょう。

で、オートボーイである。「まぁ、動かなくてもそんなに悔しくないな。安かったし」などと思っていたのだが、帰宅して使い古しの単3電池2本を入れてみると、動いた!シャッターも切れる。ゾーンフォーカスマークの指標もしゅ~っと動く(楽しい!)。手ぶれ警告のLEDも点灯する。スピードライトも光る。モルトが劣化しているのと、トップカバーのかみ合わせがズレて浮いているのが気になるくらいだ。モルトは貼り直し、トップカバーはねじをゆるめていったんパーツを外し、正しくはめなおして終了。

外観を磨いたり、フィルム感度や明るさの変化でシャッター速度が変わるのを確認しつつ空シャッターを切ったりしながら、電池を出したり入れたりしていたところ、

ポロッ。

電池ボックスの蓋を止める本体底部のパーツが割れてしまった!後でググっていて分かったことだが、どうやらこのカメラの「持病」らしい。本体底部、と書いたが、前カバーと一体になっているようで、バラしてきちんと直すことも考えたが、前カバーを外すのがめんどくさかったので、バラさずに元の位置にエポキシ系接着剤で貼り付けてしまった。これで「全バラ」は出来なくなってしまったが**、電池ボックスの蓋もちゃんと閉まるようになったし、よしとしよう。

さて、このオートボーイ、フォーカスロックするのにセルフタイマーレバーを使うらしい。セルフタイマーを押し下げた状態でシャッターボタンを押すことによってそれが出来るらしいのだが、セルフタイマーを押し下げてからシャッターボタンを押すと、すぐシャッターが切れてしまう。その状態でシャッターボタンを半押しするとフォーカスロックするのかな?いずれにしてもセルフタイマーは壊れてるっぽい。まぁどうせセルフタイマーなんか使わないんでいいんだが、フォーカスロックが効いているかどうかがさっぱり分からない。指標はフォーカスロックしたつもりの距離ではなく、今向けている被写体との距離まで動いちゃうようだし・・・・。試写してみないと分からないか。

結局、今回もバラしと言えるほどのことはしなかった。とりあえず動いているようなので、早速試写してこようと思う。


* トップカバーとファインダーの接眼レンズを外して清掃しただけなので、とても「バラシ」とは言えない。
** そりゃ接着した部分をひっぺがせば出来るが。




アサヒカメラニューフェース診断室―キヤノンの軌跡
関連記事
  1. 2005/08/30(火) 11:13:58|
  2. カメラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。