思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キヤノンT50

「キャノン」じゃないよ「キヤノン」だよ、っていうお決まりのネタはさておき・・・・。

キヤノン党(FD党)でも、「このカメラが大好き!」って方はかなり少ないんじゃないかと思われる、キヤノンT50。実はグッドデザイン賞を受賞したりしてるなかなかなカメラなのだ。

で、儂はこのカメラが大好き。ヤフオクで手に入れた1台目を、末弟に里子に出してしまった後*、なぜか急激に愛着が高まり是非もう1台欲しくなっちゃって。さりとてあんまり高いカネを払って買う気にはならず**、安い出物を物色していたところ、再度ヤフオクで2台目をゲット。今度は前回を下回る2,105円という安価で入手出来た。

届いたブツを見ると、残念ながら状態はそれほどよくない。よく言って並品というところか。中でもファインダーの接眼レンズの汚れがひどい。実際に覗いてみると大勢に影響はなさそうなのだが、やはり気になる。カメラ自体の機能の方は、ネガフィルムで試し撮りしてみたが、少なくともネガでは全く問題のない範囲に収まっている。プログラムAEのみ、というこのカメラの欠点(?)も、動き回る我が子らをスナップするのには、ピント合わせに集中出来てかえって心地よい。

撮影機能に問題がないことが分かって、余計ファインダーの汚れが気になり出した。いっそのこと、調整も兼ねて清掃に出しちまうか?とも考えたが、ここは思い切って、自分で清掃をしてみた。

「思い切って」と言っても、特に難しい点はなく、先ず、精密ドライバーでねじ数本を外す。巻き戻しクランクもねじ止めになっているので、スプール側を固定した上でフィルム巻き戻し時とは逆にクランクを回すと巻き戻しクランクも外れる。後は前カバーと上カバーを外すだけでファインダーの接眼レンズにアクセス出来る・・・・と、あっさり書いているが、元々、「カメラはきちんと調整に出すべき」派なので、この程度のことでも初めての作業、多少手間取った。

ファインダーの接眼レンズもねじ止めになっているため、ねじを外した後レンズクリーナーで清掃。残念ながらカビ痕は完全には取れなかったが、それでも十分きれいになった。あとは元通り組み立てて終了。組み上げた直後、シャッターが切れず焦ったが、単三電池を新品に取り替えたらあっさり動作した。

色々な条件で空シャッターを切りまくってみたが、どうやら正常に動作しているようだ。次の休みにでも試し撮りしてみよう。レンズは本来T70にセット販売されたNew FD28-55mm F3.5-4.5があるので、久々にそれを使うかな。



* 当時は、「持っててもしょうがないかな?なかなか出番ないし」という心境だった。
** 1台目はヤフオクにて3,000円で入手。中古カメラ店ではその倍くらいはする。
関連記事
  1. 2005/08/24(水) 00:04:32|
  2. カメラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。