思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安かろう悪かろう

「ママチャリ」の“ゆるい”流行の流れを追った


(Excite Bit コネタ http://www.excite.co.jp/News/bit/00091123726950.html

90年以降、量販店などで買える安価な外国製自転車がどんどん増え、現在は販売台数の8割を占めるほどになっているという。安く買えるため、「消耗品」のような扱いになっているのだそう。

「"地球にやさしい自転車"とはいうけど、使い捨て感覚になって、ゴミが増えている。メーカーとしては、本当は良いものを長く乗ってほしいですけどね」


ママチャリと言えども、あまり安いのと一定以上の値段のは、質が全然違うから。全体のつくりとかパーツのよしあしとかね。

「地球にやさしい」って何か流行り言葉のようになっているけれど、「ひとつの物を長く使う」、というのが実はとても「地球にやさしい」ことなんだ、ってことは忘れたくないね。

それと、自転車は、おおげさに言えば「自分の命を乗せている」ことを肝に銘じておきたい。そりゃ、どんな安物でも一定の安全基準はクリアしているんだろうけど、個人的にはやっぱりあんまり安いのには乗れないな、怖くて。

ママチャリついでに言えば、たとえ幼児用座席を着けようとも、子供を2人乗せる(つまり自分と合わせて3人乗り)のは違反ですんで!大体危ねぇじゃねぇか。子供の頭割れても知らんぞ!最近事故多いらしいしなぁ。

最後に、やっぱり手入れはしようや、な?出来ないなら積極的に自転車屋に持ち込む。購入後のメンテを嫌がらない(またはちゃんと教えてくれる)店で買いましょう。
関連記事
  1. 2005/08/14(日) 17:30:56|
  2. 自転車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。