思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポチりました - Chicago Symphony Orchestra Brass Live

Chicago Symphony Orchestra Brass-Live
Gabrieli Bach Revueltas Prokofiev Grainger Walton
B005GL89ME


HMVのサイトより引用。

【収録情報】
・ウォルトン:戴冠式行進曲『王冠』(ヨセフ・クラインス編曲)
 指揮:ジェイ・フリードマン

・G.ガブリエリ:サクラ・シンフォニア第6番(エリック・チース編曲)
 指揮:マーク・ライデノー

・G.ガブリエリ:第12旋法による10声のカンツォーナ(エリック・チース編曲)
 トランペット・ソロ:クリストファー・マーティン、ジョン・ハグストロム

・G.ガブリエリ:第7旋法による8声のカンツォーナ第2番(R.P.ブロック編曲)

・J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV 582(エリック・チース編曲)
 指揮:マーク・ライデノー

・グレインジャー:リンカンシャーの花束(ティモシー・ヒギンズ編曲)
 指揮:マーク・ライデノー

・レブエルタス:センセマヤ(ブルース・ロバーツ編曲)
 指揮:マイケル・マルケイ

・プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』より、『モンタギュー家とキャピュレット家』『踊り』『ティボルトの死』(ヨセフ・クラインス編曲)
 指揮:デール・クレヴェンジャー

シカゴ・シンフォニー・オーケストラ・ブラス
【ホルン】デール・クレヴェンジャー(首席)、ダニエル・ギングリッチ、ジェームス・スメルサー、デイヴィッド・グリフィン、オットー・カリッロ、スザンナ・ドレイク
【トランペット】クリストファー・マーティン( 首席)、マーク・ライデノー、ジョン・ハグストロム、テージ・ラーセン、
デイヴィッド・ゴーガー、デイヴィッド・インモン、チャニング・フィルブリック
【トロンボーン】ジェイ・フリードマン( 首席)、マイケル・マルケイ(テノール・チューバ兼任)、チャールズ・ヴァーノン、
マイケル・ベッカー、ペーター・エルフソン
【バス・トロンボーン】ランダル・ホーウェ
【チューバ】ジーン・ポコーニ( 首席)、アンソニー・ニッフェン
【ティンパニ】ヴァディム・カルピノス
【打楽器】シンシア・イェ、パトリシア・ダッシュ、エリック・ミルシテイン
【クラリネット】ジョン・ブルース・イェー
【コントラバス】ロジャー・クライン

 録音:2010 年12月16,17,18日
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND



このCDの情報は、先ずはHMVで発見したのですが、SACDハイブリッド盤がオンライン会員特価(税込)で¥2,786となかなかにお高い。これはちょっと買えないな……と思っていたら、しばらく経ってアマゾンにも出まして。

アマゾンの方は同じ盤が(通常CDもあるようです)何と¥1,702!(2011/09/08現在) そりゃアマゾンで買いますよね……。

と言う訳で、到着が楽しみです。
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2011/09/08(木) 15:21:05|
  2. クラシック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【個人的メモ】Google Chromeの機能拡張 | ホーム | United Archivesよりブルーノ・ワルターのベートーヴェン:交響曲全集(モノラル)再発>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yimamura.blog39.fc2.com/tb.php/2400-600e95d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。