思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

看護助手に資格は必要ありません

今朝の新聞の一面に小さめながら「看護助手講座」の広告が。以前にも見た記憶がありますが毎度のことながら

あくどい商売だなぁ!

と思います。

看護師として働くのには資格が必要ですが、看護助手には資格は必要ありません。むしろ、「資格不問」の場合がほとんどです。実際の求人情報に当たってみればすぐ分かります。「ヘルパー2級歓迎」等の文言は見かけますが、「歓迎」ですので必須ではありません。また、そのことからも分かる通り、看護助手として就労するにあたってどうしても資格を取得したいのであれば、訪問介護員(ホームヘルパー)がいいのではないでしょうか。繰り返しますがそれにしても看護助手「必須」ではありません。しかし、福祉施設への就職や、自宅で介護する場合にも役に立ちますしね。何より、訪問介護員は(昨今は介護福祉士への一本化の流れがあるとは言え)法的にきちんと定められた資格です。世間で散見される看護助手の資格や講座は、所詮は民間企業/団体で勝手にやってるものに過ぎません。看護助手以外にもそういう資格/講座は世間にたくさんありますけどね。

もし、看護の仕事に本気で取り組みたいのであれば、看護師資格取得を目指して看護学校(専門学校、短大、四大)に進むのもいいんじゃないでしょうか。高校新卒者だけでなく、ある程度の社会経験を積んでから入学される方も現におられるようです。ウチの妻は看護師なのですが、今年は30代の新人さんが入ってこられたそうです。

この「看護助手」に限りませんが、受講/取得しても実際には役に立たない資格/講習には騙されないように注意したいものです。上にも書きましたが、「同じ穴の狢」は、探せばゴロゴロ出てきますから。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/09/28(火) 13:04:42|
  2. 日記
  3. | コメント:2
<<キヤノンP型 | ホーム | ブラームス / 交響曲第1番 シモーネ・ヤング&ハンブルク・フィル>>

コメント

微妙ですなぁ

色々とあって、派遣社員として生計を立てているのですが、
就労条件として企業側からの提示条件はかなり厳しくて…。

実効性のない資格も求められたりして。

「そこまでの資格を求められるのならば」と、意気に感じて就労したものの、
業務内容がそれに見合うものではなく、離職してしまった人もいます。

お互いに、「真の実力」をどのように評価するのかの分岐点に来ているような気はします。

自己啓発セミナーぐらいだったら自分にもできるかも…。
騙しませんよw。
  1. 2010/10/02(土) 11:25:22 |
  2. URL |
  3. monkey #-
  4. [ 編集]

>> monkeyさん

自分も派遣での就労は結構長くて、IT業界に派遣でいたんですが、色々な資格取得が推奨されたり必須だったりする一方で、実はそんな資格持ってなくても仕事は出来る(資格がなくても知識と経験があればという意味で)という状況でした。

ただ、看護助手については正直「資格商法」でしかないと思います。IT関連の資格は、独立行政法人や有名企業が仕切っているものが多くあり、取得したらそれなりにメリットもありますが、看護助手はそうではないので。

ある職種に必要とされる能力、または、ある人間が保有している能力、それを資格以外の何かで表せればよいのでしょうが、それも難しそうですね・・・・。
  1. 2010/10/02(土) 18:45:01 |
  2. URL |
  3. yimamura #nEx7PFYA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。