思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またアホ発見。今度はビールだ。

こういう記事を垂れ流して恥ずかしくないのか北日本新聞。

黒部・宇奈月ビール名曲仕込み モーツァルト流し発酵


宇奈月ビール(黒部市宇奈月町下立、大橋聡司社長)は、モーツァルトの名曲を流しながら地ビールを仕込んでいる。(中略) モーツァルトの曲を流すと、野菜の成長やワインなどの発酵を促す効果があるとされ、


(中略)

武藤憲夫富山短大教授によると、モーツァルトの曲には細胞を活性化させる「高周波音」と、心地よさを感じさせる「ゆらぎ波」がバランスよく、豊富に含まれている。この高周波音とゆらぎ波を繰り返す音楽振動が届くことで、酵母を活性化させるという。



何かもう、ツッコミ入れる気にもあまりなりませんが・・・・。

確かにモーツァルトの音楽は素晴らしい。でも、上記のような「効果がある」ということを理由にモーツァルトの音楽に接近するのは止めていただきたい。作曲家とその作品に対する侮辱だ。

そして、上記のような「効果がある」と言い張るのならば、査読のある雑誌に研究成果を発表し、第三者の追試を受けるべきだ。

それがなされていない以上、モーツァルトの音楽が人体や動植物、発酵にまで影響を及ぼすという説はオカルトと断ぜざるをえない。

また、オカルトの片棒を担ぐ大学教員、こういう記事を無批判に垂れ流すメディアも恥を知れと言いたい。
関連記事

テーマ:擬似科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/09/21(火) 23:37:12|
  2. トンデモ
  3. | コメント:2
<<オイスタイン・ボーズヴィークのニューCD | ホーム | トスカニーニ指揮NBC響 ヴェルディ:レクイエムのステレオ盤?>>

コメント

うーん、モーツアルトねぇ?。

モーツアルトさんの音楽は耳障りが善いから、きっとそんな気になるんでしょうね。
ヒンデミットさんの無伴奏ビオラソナタなんか流した日にゃ、ビールが腐っちまうのでしょうか?。
発酵過程でもっとも大事なのは、発酵温度の管理と微生物の管理でしょ。
個人的には某社の『クラッシク・◯ガー』が一番好きです(笑)。
  1. 2010/09/23(木) 16:42:52 |
  2. URL |
  3. MK #c5NzTaeA
  4. [ 編集]

>> MKさん

モーツァルトの音楽を毎日のように聴いていても、僕の耳鳴りは治りません(苦笑)。
本当にそんな効果があって、僕の耳が治ったらどんなにいいか!

そもそも、モーツァルト自身が早死してますしね。信じてるヤツはバカですよ。バカ。
  1. 2010/09/23(木) 22:39:04 |
  2. URL |
  3. yimamura #nEx7PFYA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。