思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブルーノ・ワルター/メトロポリタン歌劇場のヴェルディ:レクイエム



【曲目】
ヴェルディ:レクイエム
【演奏】
ジンカ・ミラノフ(T)、ロザリンド・エリアス(A)
カルロ・ベルゴンツィ(T)、ジョルジョ・トッツィ(Bs)
ブルーノ・ワルター(指揮)、メトロポリタン歌劇場管弦楽団,合唱団
【録音】
1959年3月29日 ニューヨーク
[ADD/MONO]



もう随分昔のエントリで書きましたが、「MetOpera Database」によれば、1959年3月29日のヴェルディ:レクイエムはメトロポリタン歌劇場へのワルター最後の登場だった筈です。それの裏を取る材料は残念ながら僕にはないのですが。

なお、「MetOpera Database」の該当の項目には

Verdi: REQUIEM MASS {33}

Soloist.................Zinka Milanov [fragment]
Soloist.................Heidi Krall
Soloist.................Rosalind Elias
Soloist.................Carlo Bergonzi
Soloist.................Giorgio Tozzi

Conductor...............Bruno Walter [Last appearance]

[Zinka Milanov began the performance but fainted following the Dies Irae and was replaced by Heidi Krall.]



とありまして、これは文字通り「ソプラノが気絶して『怒りの日』以降は交代した」ということでよろしいんでしょうか?英語苦手なもんで^^;;

いずれにしても、録音がそこそこであれば(1959年であればライブでも結構聴けるものは多いですから)買ってもいいかなぁ。
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2009/07/31(金) 23:26:29|
  2. クラシック
  3. | コメント:0
<<膝痛腰痛 | ホーム | GR DIGITALIII発表>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。