思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トスカニーニの「海」

ひどい風邪をひいてまして・・・・昨日辺りからようやく通常営業かなぁ・・・・。まだ鼻水だらだら、咳も出ますが。

臥せっている間に、このCDが届きました。


フランス管弦楽曲集

前に、2009年3月にに行われるトゥルノフスキー指揮群馬交響楽団の演奏会について書きましたが、その演目であるドビュッシーの「海」が、実はあまりよく分かっていないのです。いや、じゃぁ他の曲は分かっているのか?と問われれば「いいえ」と答えますが、「海」があまりピンと来ない曲なのは確かなのです。もちろん聴き手の問題です。

CDもあまり持っていない(多分2点)のですが、その1枚を聴いてもどうもよく分からず、久しく聴いていなかったもう一方=トスカニーニ指揮BBC響のを聴いてみました。すると・・・あれ?何だかちょっとだけ分かりかけたような気が・・・・。やっぱり、この明晰な演奏がよいのでしょうか?

ただ、1935年の録音なのでいかんせん音の状態がよろしくない。もうちょっとマシな音でトスカニーニの「海」を聴きたく、NBC響盤を購入した次第です。1950年の録音で、さすがに音質は段違いです。
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/31(土) 16:15:57|
  2. クラシック
  3. | コメント:0
<<アメリカ交響楽団 | ホーム | 楳図さんの裁判>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。