思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コニカ EFJAutoDate

ヨメさんが、「一体コイツはカメラを何台隠し持っているのか??」と、思い始めているようなので(笑)、念の為に説明しておくと、このカメラはもうだいぶ前にリサイクル屋(確かハードオフだったと思う)で、安価で購入したもの。値段は忘れたが、確か300円とかだったと思う。

で、外観、レンズ共にきれいなのだが、いかんせんモルトが劣化しており、貼り替えのために剥がしまでやって、精根尽き果てて放置プレイ中だったのだ。別に、最近カメラ修理に目覚めたからってサルのように買いあさっているわけじゃぁない。

とは言え、最近のカメラいじりの流れの中で、でこれにも手をかけてみよう、と思ったのは事実。って、やるのはモルトの貼り替えだけなんだけどね。

今回、モルトの貼り替えに、100円ショップで買った黒いフェルトを利用してみた。フェルトの裏側に両面テープを貼り、カッターナイフで切り出して所定の場所に貼っていくのだが、裏ぶた側の比較的幅の広い部分はさほど難しくなかったのだが、本体側の細い溝(裏ぶたと接する部分ね)がなかなかうまくいかない。そもそも、フェルトを細く切るのが難しい!ロータリーカッターを使って何とかそれなりに細くは切れたが、溝の中に貼り込む作業をしているうちに、だんだん伸びて薄くなったりしてうまく貼れないのだ。

結局、裏に両面テープを貼らずに、ちょっと幅広めに切ったフェルトを溝にグイグイ押し込んで終了。端っこの一部は辛うじて両面テープで接着してあるし、通常裏ぶたで圧迫されている状態なので、これで特に問題はないだろう。少なくとも、光線引きはしないと思われる。

電池を入れるとフラッシュも光り、手ぶれ警告(?)のLEDも点灯する。さて早速試写を・・・・と思ったが、あいにくと手元にはISO200のフィルムしかない。このカメラ、感度設定はISO100と400の2段階しかないのだ!

それとこのカメラ、レンズが「HEXANON」、ヘキサノンなのだ。固定焦点だけどね(笑)。今から試写が楽しみだ。

ちなみにこのカメラ、1982年9月の発売である。
関連記事
  1. 2005/09/03(土) 23:11:27|
  2. カメラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。