思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつ自分も。

東京新聞の好記事。

共謀罪 3度目の国会提出


(東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20051008/mng_____tokuho__000.shtml

RICO法の導入時点では、誰もが組織犯罪の摘発のみのためと考えていたが、実際には他の犯罪、人権運動の街頭行動などについても適用されていった


現在は動物愛護や伐採反対の団体に対し、政府は動物の権利テロ、エコテロリズムなどというレッテルを張り、愛国者法による捜査を実施している


「自分は犯罪に加担などしないから、こんな法律出来たとしても無関係」そう考えている人は多いんじゃないか。でも、それは誤りだ。アメリカの例を見る通り、適用するかどうかを決めるのは「捕まえる側」なのだ。自分では「無関係」と思っていても、いつ何時「レッテルを張」られ、摘発されてしまうか分かったもんではないのだ。

他の様々な事柄でもそうだが、「他人事ではない」という理解をするのが先ず大事だ。

日本でも政府関係者は、適用対象は暴力団などによる国際的な組織犯罪と答弁、運用の問題だから警察を信用してくれ、と言っているが、本当に信用できるのか、と言いたい


俺には出来ん。



廃案を目指して署名運動をしている人達がいることを知った(2005/10/16追記)。


関連記事
  1. 2005/10/16(日) 00:39:46|
  2. ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。