思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悠久~石丸寛没後10年追悼/石丸寛、九大フィルハーモニーオーケストラ




悠久~石丸寛没後10年追悼/石丸寛、九大フィルハーモニーオーケストラ


【曲目】
チャイコフスキー: 弦楽の為のセレナーデ
ブラームス: 交響曲 第4番 ホ短調
【演奏】
石丸寛(指揮)
九大フィルハーモニーオーケストラ
【録音】
1989年12月7日(チャイコフスキー)
1988年6月14日(ブラームス)
 福岡サンパレスにて



石丸さんが亡くなられて、もう10年も経ちますか・・・・。個人的には全くご縁がなかったんですが、知人には石丸さんの棒で演奏したことがある者もおります。ひょっとしたら、このCDの演奏にも参加しているのではないかな?

さて、吹奏楽では、辟易するくらいアマチュアのCDが出ていますが(それも高い!)、アマオケ、それも大学オケのCDが出るのはあまり多くはありません。パッと頭に浮かぶのは、ワセオケ、京大オケくらいかな?ワセオケはDGでしたよね!九大フィルのCDも以前見かけたような・・・・*。

アマチュアのそれもライブ録音となると技術水準が気になり、繰り返し聴くはずのCDとしてはちょっと苦しいかもしれませんが、ブラームスの交響曲第4番、ドイツ・レクイエムなどの石丸さんの名演は廃盤のようですし(今日現在)、石丸さんの芸術に触れる貴重なCDと言えるのではないでしょうか。


* 某「レコード評論家」が大学オケで棒を振ったCDに言及していないのは当然わざとです(笑)。
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/24(土) 03:12:04|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「密林」にてユーフォニアム・テューバのCD渉猟 | ホーム | 朝7時に湯治場で二流のオーケストラによって初見で演奏された「さまよえるオランダ人」序曲>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yimamura.blog39.fc2.com/tb.php/1754-0eaa8017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。