思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一度は聴いてみたいが、買うほどでは・・・・




チャイコフスキー:交響曲第5番、ワーグナー:さまよえるオランダ人-序曲、他/ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、トリノ・RAIオーケストラ


4番、6番は聴いたことあるが5番は聴いたことないんですよ。フルトヴェングラーのチャイコフスキー。でも買ってまではなぁ・・・・。

そのうち、フルヴェン関連サイトに試聴記が出るでしょう。買うのはそれからでも遅くはないね。
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/23(水) 22:05:59|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<暖かくなってきたので | ホーム | これは買わねば>>

コメント

最近、クラッシック関連の記事が多くて、お邪魔させていただく度に「おおっ!」と。。

フルヴェンですと、私は大戦明けに振った運命が好きです。(音質云々は抜きに)
冒頭からジャジャジャ~ン・・・溜めまくり・・ジャジャジャジャジャァ~ン。

痺れます。(大戦明けだったと思います多分)

今の指揮者がやれば顰蹙モノでしょうネ・・笑

指揮者=政治家と言う見方は昔からありますが、フルヴェン・・偉大&愛すべき「人間」だと思います。

私的には旧東ドイツ出身のクルト・ザンデルリンクが振ったブラームスの交響曲全集(特に2番)の抑制された中での表現力と双璧でしょうか・・スミマセン、好み全開で(汗
  1. 2008/04/23(水) 22:52:08 |
  2. URL |
  3. ガンダム爺 #-
  4. [ 編集]

昔、As disc(懐かしい!)盤で持ってたけど、大していい演奏ではないよ。
少なくとも、第4、「悲愴」ほどの感銘は受けない。4楽章のカットも「?」だし、
変なとこで拍手しやがるし。

はるか昔の印象だけどさ・・・CDも売り払ったしね。
  1. 2008/04/24(木) 04:01:11 |
  2. URL |
  3. おと #EBUSheBA
  4. [ 編集]

振ると面食らう

>>爺さん(笑)

いわゆる「歴史的復帰演奏会」ですね。総合感銘度では最高の「運命」だと思います。
ちなみに、冒頭はクラリネットが飛び出しています(笑)。

ブラームスの交響曲第2番は、演奏したこともあり(テューバが入っているブラームスの交響曲はこれだけ)思いいれのある曲なんですが、フルトヴェングラーもいいです。第2次大戦末期、スイスに脱出する直前の演奏の録音が残されています。上記「歴史的復帰演奏会」に勝るとも劣らない名演です。

>>おと

そんな感じらしいね。実は、巨匠の4番は冒頭があまり好きじゃなくてさぁ。何であんなにセッコなの?ホルン。

でも、クライマックスの盛り上げ方なんかは最高。

「悲愴」はどっちの録音も好き。
  1. 2008/04/24(木) 09:24:56 |
  2. URL |
  3. yimamura #nEx7PFYA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yimamura.blog39.fc2.com/tb.php/1719-3e40a47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。