思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これって、本当に「レーヴェ改訂版」を使った演奏??

以前、別記事で触れたグッテンベルク指揮クラング・フェアヴァルトゥング管弦楽団のブルックナー:交響曲第4番のCDですが、これって本当に「レーヴェ改訂版」を使用した演奏なんでしょうか?

ブルックナーの交響曲のスコアは1冊たりとも持っていないですし、それぞれの版の違いを完璧に聞き覚えているわけでもないので、自信満々で断言などもちろん出来ないのですが・・・・。

とりあえず、1楽章冒頭のヴァイオリンの1オクターブ上げで「?」と思い、同じ楽章のコラールで更に疑問は大きくなりました。

「ティンパニが入ってない?」

ティンパニの「ドロドロ」が各所で聴けるのが、改訂版の特徴の1つだと思っていたので、これには結構驚きました。

HMVのサイトで同CDのレビューを見ると、色々根拠を挙げて「ノヴァーク版で、レーヴェ改訂版ではありませんでした」と書いている方がいらした(2008/02/23現在)んですが・・・・。どうなんでしょう?

フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュ、マタチッチのCDとも聞き比べてみたんですが、少なくとも過去に「改訂版使用」とされてきた録音と、当CDの演奏が、違うことは確かなようです。それとも、2004年に出版された「コースヴェット版第3稿」は、当CDのような譜面なんでしょうか?見たことがないので何とも言えませんが。

@TOWER.JPの当CDのページには

[コメント提供;キングインターナショナル]



と明記してあり、HMVにも括弧書きで同社の社名が書いてあり、同じコメントが書いてあるのですが、今日現在、キングインターナショナルのサイトには当CDの情報はありません。

当CDの演奏自体は気に入っているので、たとえ「レーヴェ改訂版」使用の演奏でないとしても

「金返せ」

とまではいいませんが、最新録音とレヴェルの高い演奏でレーヴェ改訂版が聴ける、と楽しみにしていたので、残念は残念です。

ブルックナーに詳しい方、ご教示いただければ幸甚です。




Bruckner: Symphony No.4 ''Romantic'' (1887/89 version) / Enoch zu Guttenberg, Klang Verwaltung Orchestra [SACD Hybrid]
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/23(土) 22:19:42|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日のカメ | ホーム | 今日のカメ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yimamura.blog39.fc2.com/tb.php/1634-a4a0f2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。