思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サンタクロース

日々カタログ』さんの「なぜそんなに大人は子供にサンタを信じていて欲しいのか」というエントリに刺激を受け、ウチの子供らについて考えてみました。

長男(2)は問題外(笑)。次女(6)はどうだろう?長女(8)は、もう信じてないっぽい。少なくとも、「薄々感づいている」と思われます。

そんな長女も、幼稚園の頃はサンタに手紙を書いたりしていたなぁ。「妹ではなくて自分の所にちゃんとプレゼントを置いてね」という内容の。それは今でも大事に取ってあります。

「サンタクロースがプレゼントをくれるよ」という話に、「嘘つけ!」という反応をされるよりは、信じて一喜一憂されるほうが、かわいいかなぁやっぱり。

だからって、いつまでもいつまでも信じてられるのもねぇ。男子高校生なんかがサンタを信じてても、気持ち悪いし。

幼い我が子のかわいさを増幅させ、また、成長を実感するためのもんなんでしょうかねぇ、サンタは。

まぁどうでもいいっちゃいいんですけどね。


→楽天で「サンタクロース」で検索してみました



サンタの着ぐるみって、高いんですなぁ。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/12/05(水) 14:02:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人志松本のすべらない話 | ホーム | Christmas with Travelin' Light>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yimamura.blog39.fc2.com/tb.php/1517-17da5f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。