思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CD生産開始25周年

2007年8月19日は、世界最初のCDが生産されてからちょうど25周年だったそうで。

で、手元にあるCDの中から、最も古そうなものを探してみました。

CD
CD posted by (C)yimamura

この辺でしょうか。実は、もうちょっとあった筈*1なんですが、不慮の事故で水浸しにされてしまい、廃棄せざるを得なくなってしまい・・・・。

ワルターの2組は、1984年にリリースされたもののようです。フルヴェンのはちょっと分かりません。買ったのは、いずれも1986年頃だと思います。大学に入学、管弦楽団に入ってクラシックを本格的に聴き始めた頃です。

一応、「名盤」と言って差し支えないディスク*2を選択していたことに、ちょっとホッとしています。

現役盤は

マーラー:交響曲第2番
クンダリ(エミリア) ウエスト・ミンスター合唱団 フォレスター(モーリン)
B00005G83Y

マーラー:交響曲第9番
コロンビア交響楽団 マーラー ワルター(ブルーノ)
B00005G840

シューベルト:交響曲第9番
フルトヴェングラー(ヴィルヘルム) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 シューベルト
B00005FIFA


フルトヴェングラーのは、同じ組み合わせのCDはないみたい。



*1 例えば、フルヴェン/バイロイト祝祭管の「第9」とか持ってました。
*2 ワルター/コロンビア響のマーラー:交響曲第9番が「名盤」かどうか、ということに異論がある方もおられるかもしれませんが、確か、当時はヴィーンフィル盤はCD化されていなかった(外盤もなかった筈)と思うのでその辺は勘弁して下さい。自分は、このステレオ盤も、これはこれでいいじゃないか、と思っています。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/08/19(日) 23:41:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヴォーン・ウィリアムズのテューバ協奏曲 | ホーム | ザリガニ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yimamura.blog39.fc2.com/tb.php/1439-39a463dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。