思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どこいった?

今日で連休最終日。特にどこかに出かけるということもなく-近所のデパートくらいで-音楽を聴いたり読書したりして、久しぶりに充実した日々でした。ヨメさんが子連れで外出してくれたおかげで静謐が得られました。感謝感謝です。

さて、そんな訳で相変わらずの「ブルーノ・ワルター研究」なのですが、持っていたはずのCDがどうしても見つからなくて閉口しています。

Mozart: Symphonies Nos. 39, 40 & 41 "Jupiter"
Wolfgang Amadeus Mozart Bruno Walter New York Philharmonic
B000002A83

自分が持っていたのは、CD初期にリリースされた「32DC572」という番号で28番(K.200)と「リンツ」(K.425)と組み合わされた盤だった(手持ちの古いカタログで確認)んですが、どこに行ったんだろうか・・・・。貧しい時に手放してしまったかな?(苦笑)

ステレオ盤はもちろん手元にあって、「ならそれでいいじゃねぇか」という声も聞こえてきそうですが・・・・ダメなんだよねぇ。同好の士(?)ならきっと分かってくれるはず。

モーツァルト : 交響曲第36番「リンツ」&第39番
コロンビア交響楽団 モーツァルト ワルター(ブルーノ)
B00005G835



・・・・などと書きつつ、今聴いているのはブルックナーだったりします。

ブルックナー:交響曲第7番
コロンビア交響楽団 ブルックナー ワルター(ブルーノ)
B00005G83N

僕は、ブルックナーの音楽のよい聴き手ではないし、ブルックナーの交響曲は「こうでなければならない」などと思っていないせいか-そもそも、音楽に「こうでなければならない」なんてものがあるのかどうか、という根本的な問いはここではおいておきます-ワルターの優美な演奏に心置きなく身を委ねられます。

「これでオケがウィーンフィルだったら!」なんて、思わないでもないですけど、ないものねだりしてもしょうがないですね。
関連記事
  1. 2006/05/07(日) 16:36:31|
  2. 音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。