思いついた時に、書く。

ほとんど開店休業中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またアホ発見。今度はビールだ。

こういう記事を垂れ流して恥ずかしくないのか北日本新聞。

黒部・宇奈月ビール名曲仕込み モーツァルト流し発酵


宇奈月ビール(黒部市宇奈月町下立、大橋聡司社長)は、モーツァルトの名曲を流しながら地ビールを仕込んでいる。(中略) モーツァルトの曲を流すと、野菜の成長やワインなどの発酵を促す効果があるとされ、


(中略)

武藤憲夫富山短大教授によると、モーツァルトの曲には細胞を活性化させる「高周波音」と、心地よさを感じさせる「ゆらぎ波」がバランスよく、豊富に含まれている。この高周波音とゆらぎ波を繰り返す音楽振動が届くことで、酵母を活性化させるという。



何かもう、ツッコミ入れる気にもあまりなりませんが・・・・。

確かにモーツァルトの音楽は素晴らしい。でも、上記のような「効果がある」ということを理由にモーツァルトの音楽に接近するのは止めていただきたい。作曲家とその作品に対する侮辱だ。

そして、上記のような「効果がある」と言い張るのならば、査読のある雑誌に研究成果を発表し、第三者の追試を受けるべきだ。

それがなされていない以上、モーツァルトの音楽が人体や動植物、発酵にまで影響を及ぼすという説はオカルトと断ぜざるをえない。

また、オカルトの片棒を担ぐ大学教員、こういう記事を無批判に垂れ流すメディアも恥を知れと言いたい。

テーマ:擬似科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/09/21(火) 23:37:12|
  2. トンデモ
  3. | コメント:2

「波動 クラシック 波動が高い曲は」→アホか!

タイトルは、例によってアクセス解析から拾ったキーワードです。もうねぇ・・・・。

波動」なんてインチキだし「波動測定器」なんて何を計測しているか分からないインチキ機械だし、モーツァルトの楽曲が体にいいなんて根拠のないデタラメだし。

「波動の高い曲」なんてないんですよ。
わかりまちたか?

テーマ:擬似科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/09/20(月) 18:00:22|
  2. トンデモ
  3. | コメント:0

またぁ?

世の中アホばっかりなんでしょうか?

<トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

これまでに実ったのは2795個。トマトの木が気持ちよく育ってくれるように、朝と夕方にはモーツァルトの名曲をかけ、お客さんからはトマトに声をかけてもらうというユニークな試みで、今年の10月までに2万個の収穫を目指す。



だから何でモーツァルトなんだって。ちゃんと説明出来るのか?

やる方もやる方。無批判に記事にする方もする方。

テーマ:擬似科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/09(水) 22:24:34|
  2. トンデモ
  3. | コメント:0

今度は「魔笛」かよ・・・・。

ったく、「寝言は寝てから言え」という感じですが。Yahoo!ニュースより。


モーツァルトで下水処理促進=振動が微生物を活性化―ドイツ

6月7日7時25分配信 時事通信
 【ベルリン時事】ドイツ東部のトロイエンブリーツェンにある下水処理施設で、モーツァルトの作品を流して処理タンク内の微生物を活性化させ、作業を促進する取り組みが行われている。
 施設では高性能音響装置を使い、モーツァルトのオペラ「魔笛」を昼夜を通して流している。システムを開発した環境コンサルティング会社ムンドゥスのシュトゥッキ社長は「『魔笛』は人間をリラックスさせる音楽。微生物にも効果があると判断して選んだ」と話す。 



多分、ネタ元として英文だか独文だかの記事があるんだろうから、そっちに当たってみないとはっきりしたことは言えない(当たったとしてもドイツ語だったら全く分からないけど^^;;;)が、今度は「魔笛」ですかい?それもドイツで。

時事通信には是非続報をお願いしたい。ちゃんと効果が上がってるかどうかね。つーか、どうせいい加減な条件でやってんだろうから、もし「微生物が活性化」したとしても、果たして「魔笛」の効果か、それ以外の何かの効果か、なんて判然としないのがオチなんだろうけどね。

大体、「『魔笛』は人間をリラックスさせる音楽」ってのも、怪しいもんじゃん。ヘビメタ好きのそこのあなた!モーツァルトのオペラなんか聴いてリラックスするかい?せいぜい退屈で眠くなるだけだろ。それをリラックスとは言わん。クラシック好きの中にもたまには「魔笛」嫌いもいる。評論家にまでいるじゃん。宇野功芳とかさ。そういう人が「魔笛」聴いてリラックスするか?

そう、そこで「波動」が登場する訳。存在するかどうかも分からん「波動」のせいにしてしまえば全て解決。モーツァルトの音楽だけが持つ「波動」が、人体のみならず水、酒、植物(農作物)、微生物にまで好影響を及ぼすんですよ!すごいねー。

いい加減にしろ。

じゃぁ毎日毎日モーツァルトの音楽を聴いている俺の耳の耳鳴りはなぜ治らんのかな?右膝が痛いのも1年近く治らないけど?目の前のスピーカーからモーツァルトの音楽を―今はちゃんと「魔笛」を聴いてますよ!―浴びているのに?なぜ?なぜ??

何でモーツァルトの音楽だけ効果があるの?ベートーヴェンやマーラーやショスタコビッチだとダメそうな気がしなくもないけど(笑)?古楽は?ハイドンは?メンデルスゾーンは?シューベルトは?ドヴォルザークは?何でダメなの?教えて?ねぇ?

バーカ。

モーツァルト:歌劇《魔笛》全曲

モーツァルト:歌劇《魔笛》全曲

価格:6,143円(税込、送料別)



モーツァルト:魔笛 全曲
モーツァルト
B00005FIIP


モーツァルト:魔笛 全曲
スウィトナー(オトマール)
B000EOTGCA


モーツァルト:歌劇「魔笛」全曲
B00005GJAQ

テーマ:擬似科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/07(月) 12:34:18|
  2. トンデモ
  3. | コメント:2

しつこく「モーツァルト 交響曲第40番 波動」

ここ数日、モーツァルトの交響曲第40番の手持ちCDを取っかえ引っかえ聴きながら、「波動」について考えてたんですが・・・・。

モーツァルトの音楽が、人の心を動かすのは間違いない(そして結果として心身の状態にも影響を及ぼすかもしれない)が、それが「波動」の作用かと言うと・・・・。また、人間でなく水のような「物質」にまで影響を及ぼすかと言うと・・・・。

答えは自ずと出るんじゃないかな。

また、波動絡みでは「モーツァルトの交響曲第40番」とひとくくりにされている風だけど、ここ数日僕がやっているように、例えば


トスカニーニ


フルトヴェングラー


ワルター

などと立て続けに聴いたとしたら、それぞれの演奏が聴き手の心に及ぼす作用は自ずと異なるとしか思えない。また、聴き手がそれぞれの演奏にどういう作用を受けるかは、聴き手の音楽的嗜好その他によって当然に変わってくる筈。

でも、「波動」としては同じなのかと。更に言えば、初稿でも第二稿でも、旧全集でも新全集でも―具体的な違いまでは知りませんが(苦笑)―「波動」は同じなのかと。

どう説明するのかなその辺を「波動バカ」は。

なぁんて考えるのもアフォくさいですかね?所詮はオカルトですもん「波動」なんかね。結局は、科学から目をそらし、そしてことモーツァルト絡みに関してはクラシック音楽にも疎い下世話な人間どもが、金儲けのためにする言説に過ぎない、というのが僕の出した結論ですね。

そうじゃない!とおっしゃる波動バカなみなさんは、是非実証的な研究を行って、第三者の批判を受け、査読のある学術雑誌にでも研究成果を発表して下さいな。

出来るもんならな。

テーマ:擬似科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/01(火) 23:31:05|
  2. トンデモ
  3. | コメント:0

改めて「モーツァルト 交響曲第40番 波動」

ヤフーも見てみましょうか

いやもうね、頭がクラクラします。世の中、ここまでオカルトが幅をきかせてるんですねー。まぁ、以前からそう思ってはいましたけど。

何も、現代科学で説明出来ないことを全て否定するつもりはありませんが、限度があるだろうと。「水伝」なんか信じてる人は、小学校から勉強やり直した方がいいですよ、本当に。

それと、モーツァルトについて言うと、波動バカに是非実証的な研究をしてもらいたいんだけどさ、例えばK.550とK.297bとでは「波動」の効果が違うのか?とかね。是非やってよ。「モーツァルトの曲」なんだからきっとどちらも効果があるんでしょ?ね?ねぇったらねぇ!

あ、クラシックに造詣の深い人!当然分かって言ってますので誤解のないよう(笑)。

という訳で、波動バカのみなさんはご協力よろしく(笑)。

モーツァルト:協奏交響曲
ウィーン・フィルハーモニー木管グループ
B000XAMDG6


モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲
スウィトナー(オトマール)
B000GG4CXE


モーツァルト:協奏交響曲(2曲)
モーツァルト ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベーム(カール)
B002GKRT4C


テーマ:擬似科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/05/31(月) 23:17:10|
  2. トンデモ
  3. | コメント:0

「モーツァルト 交響曲第40番 波動」て・・・・

このブログのアクセス解析を見ていたら

モーツァルト 交響曲第40番 波動



なんちゅうのをキーに検索した人がいたみたいで。先ず、そんな検索結果にこのブログが引っかかるの?ということに驚いた訳ですが・・・・。

元々の人がどの検索エンジンで検索したかまでは面倒くさいんで確認しませんでしたが、試しに同じ言葉でGoogleにて検索してみました。

ある程度予想はしていましたが、頭がクラクラするサイト続出です(笑)。こんなの(ウェブ魚拓)とか*。

クラシック音楽を聴かせた南アルプスの深層水「常和の命水(ときわのめいすい)」を郵送用に売り出している。波動値が自然水の中で世界トップクラス。波動値は、人間も含めて物質が発している目に見えない超微弱エネルギー(波動)を数値化したもので、健康な人は高いといわれる。



とか

東京都にある波動値の検査機関に命水の測定を依頼したところ、自然水の中で波動値が高い結果が出た。命水と比べても23%アップ。水道水と違い、音楽を聴かせた後も波動値の高さが持続する。



とか、ツッコミどころ満載です(笑)。

発売から半年以上が経ち、利用者から「医者に通わなくて済むようになった」と体調の改善効果など喜びの言葉が多く届き、命水の機能が実証された形。


「プラセボですよ」

と言うしかない(笑)。インチキ健康食品みたいなのがバカ売れする訳ですわ。

僕、モーツァルトの曲は毎日のように聴いてるし、1日のうちでも何時間か聴くこともあるけど、特に体の調子がいいなんてことはありません。肝心の耳がもう、耳鳴りに悩まされてますが?

モーツァルトの音楽の「波動」が、そんなに健康にいいのなら、毎日モーツァルトの音楽を浴びている僕は何で超健康体じゃないんでしょう?説明出来るもんなら説明してみろよ波動バカよ?おい!

世間の人は一体、モーツァルトの音楽に何を求めてるんでしょう?こういうのに絡んでくる人って常日頃からクラシック音楽に関心あるのかな?

好きな音楽を好きなように聴くのが一番。そして、どうしてもモーツァルトの音楽を聞かせた水を飲みたいのなら、市販のミネラルウォーターでも買ってきて、自宅でやれば?K.550のCDを買ってきて、CDラジカセでも何でもいいからリピートで延々かけっぱなしにして、その前に水のペットボトルを置いておけばいい。

それでも十分効き目がありますよ、きっと。そう思って飲めばね。だってプラセボだもん(笑)。

で、他には「水伝」絡みのことをあたかも事実のように説明してたりとか、もうね・・・・というのばっか。アホらしい。

以下にモーツァルトの交響曲第40番のCDを上げておきますので、波動を信じているみなさんはアサマシエイトアフィリエイトにご協力くださいね(笑)。

モーツァルト交響曲第40番&第41番
ベーム(カール)
B000BR2O4C


モーツァルト:交響曲第40番&第41番「ジュピター」/アイネ・クライネ・ナハトムジーク
ワルター(ブルーノ)
B001FOSKGG


モーツァルト : 交響曲第39番&第40番 他
クリーヴランド管弦楽団
B00005HJTR


モーツァルト:交響曲第39番&第40番
スウィトナー(オトマール)
B000GG4CV6




* 厳密に言うと、このサイト(ニュース)には、直接ではなくて検索結果上位に出てくるブログ経由でたどり着いてます。

テーマ:擬似科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/05/31(月) 07:51:38|
  2. トンデモ
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。